烏城紬保存会のご案内

前へ
次へ

伝統を後世に伝えることを目的に、織元を中心に烏城紬を学んでいるメンバーで構成しています。
技術の向上や烏城紬の普及に努めながら、作品展を開催したりイベントに参加したりする等の活動も行っています。

織元の工房も兼ねた烏城紬伝承館を活動拠点としています。

精練

糸は、湯の中で糸の中の不純物を除去します。その後、水を張った大たらい(おけ)の中で振り洗いを数回して絞ります。

手紡ぎ

生糸の束から数本ずつ引き出しながら適した太さに束ね、紡ぎ機で絡み糸をコイル状に巻き付けて緯糸を紡ぎます。

染色

(草木染)綛(かせ)を棒にかけ、染料を3~4回に煮出して取った染液に糸をつけながら回転させ、上下に動かしながら液の中で煮染めします。

保存会メンバー

現在は伝承館、岡山市立岡西公民館、岡山市立灘崎公民館にて活動をしています。

枠どり

経糸準備の工程です。織機にかける反物に必要な長さを小枠に巻き取ります。反物の幅や縞に応じて小枠の数は異なります。

製織

織機は、高機で、すべて手織りです。シャクリ機を使っていた時代もありましたが、現在はすべて杼を手で操作する手織りです。

保存会のあゆみ

1995年岡山市立岡西公民館で、3年1クールの主催講座が始まる
1998年「烏城紬守る会」として発足
2001年主催講座を修了したメンバーが活動を続けるために、岡山市立岡西公民館で烏城紬クラブを開始する
2009年「烏城紬守る会」の活動拠点及び共同の工房として、織元の工房の隣に烏城紬伝承館を立ち上げ、使用を開始する
2012年岡山市立灘崎公民館のクラブ開始
2015年「烏城紬守る会」から「烏城紬保存会」に名称を変更
2020年伝承館を現在の場所に移転する

代表者からのご挨拶

平成7年、岡西公民館の八木館長さんが訪ねて来てくださいました。「一人でやっていると、いつか消えてしまいます」「公民館で講座を始めませんか?」と言われました。この言葉が原点で、今は3年1クールの講座は9期生を迎えています。修了生を中心に保存会を立ち上げ、ここまで頑張って烏城紬の1本の道を歩んでいます。この道が後世まで続きますように。

主催講座・クラブへのお問い合わせ

岡山市立岡西公民館
〒700-0054 岡山市北区下伊福西町1-48
電話: 086-253-7581
クラブ・講座についての問い合わせは岡西公民館にお願いします。

伝承館
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町4-10-7
電話: 0862-54-6131
※留守番電話になっておりますので「ご用件」、「連絡先」を残していただければこちらからご連絡差し上げます。
(返信までお時間がかかる場合がありますので予めご了承ください)

よくある質問